the urge logoSmiley face in location icon logo for the urge

Our Story

2017年後半、ケイリー・オストリンはケープタウンで行われる親友の結婚式のために、花嫁介添人のドレスを購入する必要がありました。彼女はラップトップを開き、Googleで「シャンパン色の花嫁介添人のドレス」を検索して、世界中のさまざまな商品を閲覧し始めました。彼女は知っていました。彼女に必要なドレスの絶対条件:シルク生地でシャンパン色の膝下ドレス。残念ながら、それは簡単に見つかりませんでした。そして、2か月間、何百回もの検索を繰り返しタブを開き、彼女は膨大なページをスクロールし続けました。完璧なドレスを見つけるために。

アイデアが閃くきっかけとなったのは、需要が満たされないというシンプルな欲求不満でした。彼女はオンライン販売されているすべてのシャンパンドレスを1つの画面上に並べ、一目で確認できる方法を作成し、探しているものをすばやく簡単に見つけられるようにしたいと考えたのです。

そこでケイリーは、ショッピングモールのデジタル化を進める商品検索プラットフォーム、その開発に携わっている夫のドロン・オストリンに相談を持ちかけました。 (やや強めに)。彼女のビジョンを実現する手助けをしてください、と。

夫妻がアクションを起こすにあたって最も必要とされたものは、技術的な共同創設者でした。適任者を探すこと1週間、就職活動に特化した検索エンジンJora.comで働いていたPierre Casertaが見つかりました。彼はベビー用品の需要と供給まとめるシステムを構築した実績を持つエンジニアです。彼らはお互いのビジョンを共有し、夫妻は彼を最高技術責任者として参加しました。

予定を1年前倒しし、彼らは共同でこのシステムを立ち上げました。数百件の世界のトップファッションデザイナーと信頼できるショップを1つの画面にまとめられるファッション検索エンジンです。

"これは、あなたが探しものを見つけるために、サイトからサイトへ彷徨い、膨大な時間を費やす労力からあなたを救います。" – Cayley

Founding team of the urge

左から(Pierre Caserta, Cayley Ostrin, Doron Ostrin)